お母さんというヒト☆

先日のFacebookで、6年前の投稿が上がってきました。

実家の朝ごはんについての記事。

6年前の今の時期は、母の看病のために、大阪と富山を行ったり来たりしていた頃でした。その時に書いた記事。

6年前のGW明けに、母の膵臓癌は見つかりました。「腰が痛い、もう歳だね〜」といつも言っていた母。家族も「60歳も過ぎれば腰の一つも痛くなるわ」くらいでしたが、たまたま行った市民検診で、血糖値がびっくりするほど高かった結果を受け、即大きな病院に紹介され、検査の結果、膵臓癌の末期と診断されました。

医者にも「こんな大きな腫瘍見たことがない」と言われるほど・・・。手術も放射線療法もできない。するとしたら抗がん剤治療。

セカンドオピニオンとして受診した医師にも同じように言われ、余命は2〜3ヶ月だろうと。

富山の看護学校を卒業して大阪にきて、そのまま大阪で就職・結婚し、ずっと母とは離れて暮らしていたこともあり、母の残りの時間、できるだけ一緒に過ごしたいと思いました。

職場にお願いし介護休暇をいただき、そして主人や子どもたち義父母やご近所さん、たくさんの方に支えてもらいながら大阪と富山を行ったり来たり。最期の1ヶ月半は母の病室に寝泊まりし、ずっと母のそばにいました。

一緒に過ごした1ヶ月半、母は話すことも食べることもできなくなり、疼痛コントロールするしかないような状態でした。そんな母の側にいて感じること、考えること、無言の母から教えてもらうことがたくさんありました。

最期まで強い母、しなやかで強いヒトだったと今でも思います。

物静かでマイペースだった母。祖父母と父母、私と弟の6人家族。5歳の時に祖父が亡くなってからは5人家族。父母がずっと共働きだったこともあり、私と弟は根っからのばあちゃん子。母と特別仲がいいとか大好きとか思った記憶は実はあまりなくて。

どちらかといえばクールな関係(笑)

かといって、親子関係が悪かったわけではなく、プレッシャーをかけられることもなく、いい距離感でいてくれてかつ愛情を注いでくれる存在。だからきっと、今のこんな私がいるわけで。

不思議な感じなのですが、当然のようにいてくれて必要な存在、いい意味で空気のような存在だったように思います。

そんな母の大きさを感じたのは、やはり親元を離れてから。母が病気になって側にいた最期の1ヶ月半、そしてこの世にいなくなってからは、より母の存在の大きさを感じずにはいられませんでした。

母はどんなことを思って私たちを育ててくれたんだろう?今なら母ともっといろんな話もできたのになあ。もっと親孝行すればよかった、もっと感謝を伝えればよかった。

なんだか6年前の投稿を見てちょっとしみじみしてしまいました。

今、子育て支援の現場にいてたくさんのお母さんたちを見ています。24時間365日、お母さんたちはみんな頑張っています。
どの方もぎゅーっと抱きしめたくなるくらい一生懸命です。
 
「お母さん」の語源について調べたら、こんな風に書いてありました。
お母さんのことは、「かあか」「かっか」とかいろいろな呼び方があり、「かみさん」という呼び方もあります。
 
「かみさん」を漢字で書くと「日身さん」と書くそうです。太陽の身体を持つ人=お母さんなんだそうです。
 
きっと家庭の中でお母さんって太陽のような存在で、そこに存在しているだけでたくさんの愛をふりそそぐそんな存在なんだろうなと思います。
 
いのちをはぐくみ、つないでいくヒト。
 
 
 今、自分もお母さんという立場になってわかること。大変さも葛藤も喜びも、子育てしながら本当にいろいろあるけれど。そんな中で頑張っているお母さんたちを応援したい!
 
お母さんが家庭のなかで笑っていられるように太陽のように元気でいられるように、お母さんという人たちをサポートしていきたいと思います。
 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

じょさんし向上委員会  season1
谷口陽子のチャレンジ&学びをここに公開☆
ブログは毎週およそ1回更新です!
〈みのおママの学校のウェブサイト〉
http://www.minomama.com
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆