私の仕事☆

先日、ママさんからお手紙と可愛い赤ちゃんの写真をいただきました。

今回3人目のお産に立ち会わせていただき、お1人目の産後から関わらせていただいてたママさんからのお手紙。

8年前、初めての産後。その入院中に私とどんなことを話したか、どんな風に関わったか、ずいぶん前のことなのにいろいろと覚えてくださっていてとても嬉しかった!

そして今回の3人目のお産もとっても幸せだったと、4枚の手紙に書き綴ってくださっていました。

ママには幸せにお産して育児してほしい。誰かの笑顔につながることがしたい、それができたのなら私も幸せ。

嬉しくてポロポロと涙が溢れて出てきました。

みのママをはじめて3年が経とうとしてる今。必死に走ってきたからなんだかあっという間に感じる3年。

週に1回はクリニックの当直勤務をして、お産に立ち会ったり授乳ケアしたり臨床にいて助産師としての仕事はしているけれど、今の私のみのママでの仕事は「現場」じゃないことが多い。

ママたちと関わったり、ママや赤ちゃんにケアをしたり、学校に出向いて子どもたちにお話したりすることもほとんどない状態。

本当はもっとゆっくり、1人ずつママや赤ちゃんにケアをしたり、子どもたちと関わる「現場」がしたいと思う。正直、そこに飢えている自分を感じることもある(笑)

そんな私にとって、先日いただいたお手紙や、赤ちゃんが「寝返りしたよ」って送ってくださる動画や写真にすごく癒されて元気をもらってる^^

今の私はいろんな人と会ったり、企業とのミーティングをしたり、何かの企画や運営の準備をして1日があっという間に終わる。

全ては自分のやりたいこと、ミッションにつながっていることだから、一度も嫌だと思ったことはないし、自分にとってはいろんなことが新しいチャレンジで、それを楽しんでやってる。

でも、助産師として何してるの?現場は?企画屋?って思っている人もきっといるかもしれない。

そんな風に言われて、本当はもっと現場にも出たいしあれもこれもやりたい、限られた時間の中ですべてができるわけじゃないこともチームとしての役割や今やるべきこともあるのは分かってるけど・・・って、ジレンマに悔しくて泣くこともある(笑)

実際、今の私のやっていることが企画とか運営とかだから仕方ないのかもしれない。

仕方ないって思ってたけど、そんな風に周りが思うのは、なんで今これをやっているのか、何のためにやっているのか、私の中にある想いや熱を伝えきれていなかった、動き足りてなかった私自身のせいなんだと分かった。

「産後うつ10万人」と言われ、「虐待」のことが毎日ニュースになるような今の日本の子育て環境を変えたい。ママ一人が子育てをするんじゃなくて、家族、地域みんなでするが当たり前の社会になればいいと思う。

ママが笑っていられること愛で満たされること、それが子どもたちの未来のために必要。

そのためには、産前産後から継続して必要な時に必要なサポートができる場所も人も必要だし、その産前産後に関わる専門職である助産師が元気で満たされていることも必要だと思ってる。

だから、地域で愛を注げるママの居場所を作ったりイベントをしたり、ママに関わる助産師さんを元気にする企画をしたりしてる。全てが子どもたちの未来につながっていることだから。

そこによりたくさんの人に関わってもらうため、そのカタチを作るのが今の私の仕事であり今の私の命の使い方。

自分の強みを生かして、一緒にやりたい人たちと自分のやりたいことをやっている。もちろんまだまだこれからの未完成なことだけど、そこに命をかけてチャレンジしていると自信を持って言える。

そして一緒に走ってくれる仲間やたくさんの周りのサポート、やりたいことにチャレンジできる今の環境やいただけるチャンスに心から感謝!

できることがたくさんあっていろんな働き方ができる助産師というこの仕事が魅力的ですごくおもしろいし大好き!助産師になってよかったと本当に思う!

こんな助産師がいてもいいと思うし、こんな助産師も必要だと思う。

人がどう思うかではなく自分がやりたいことをやっている。

もっとやりたいことをやるための今。

もっと自分たちのミッションを語り、同じ想いのある人たちとともに目指す社会を作る。これが今の私の仕事。

ここに旗印を立てて、私にしかできないこと、私たちにしかできないことを私たちらしく、思いっきりやるっ!

もっともっと熱く!!

言葉たらずでうまく伝えられないことも多いけど、これからはブログの中でももっといろんな想いを自分の言葉にして伝えていきます。長くなったので今日はこの辺で(笑)

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
じょさんし向上委員会  season1
谷口陽子のチャレンジ&学びをここに公開☆
ブログは毎週およそ1回更新です!
〈みのおママの学校のウェブサイト〉
http://www.minomama.com
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆